メイン

06/29

Spam(迷惑)メール対策の決定版!OptPlusASPの設定その5

6/25の続きです。
バウンシングバック認証と呼ばれる「ホワイトリストベース」のSpam対策では、一旦ブロックされ一次保存されているメールの中から正しいメールをいかに確実に早く取り込むことが出来るかがポイントです。
OptPlusASPでは、「ペンディングメール配信」という機能を用いて、個人宛のペンディングメールの一覧を定期的に(管理者で設定します)、個別に配信する機能を有しています。(当社では、8:30、11:00、13:00、15:00、17:00、20:00に配信するように設定しています。)
この機能で送信元認証を行われていないメールを個人が自身のポリシーとして判断し、出来る限りリアルタイムに正しく取り込むことが可能となるのです。
取り込み方もいたって簡単!
ペンディングリスト中の一覧表で対象となるメールの右にある「インポートする」をクリックするだけ!


この機能は、前述の通り管理者機能で設定します。
pendingList.GIF

これが、配信時間の追加画面。
時間の追加、変更、削除も簡単に出来ますね!

あとは、ブラックリスト、ホワイトリストの事前登録で、管理者側の準備は完了です!
個人のホワイトリストが完成していれば、早速始めてみましょう。

あれほど着ていたSpamメールは受信ボックスには一切こなくなりました!
また、定期的に送られてくるペンディングリストを確認してみると、Spamメールが溜まってる、溜まってる。。見事!(結構このリストを見ると爽快な気分になります

次回は、OptPlusASPの運用にあたっての注意事項やポイントなどをアドバイスとしてまとめたいと思います。

それでは、今日はココまで!

06/28

desknet's SSSのご紹介

こんにちは、KAZです。

本日は、desknet's SSSのグラフ機能のご紹介です。

SSSのグラフ機能は、日々登録される
日報データの数字を基に売上グラフ、達成グラフを
自動作製してくれる便利な機能です。

グラフ.jpg

続きを読む "desknet's SSSのご紹介" ≫

06/27

スケジュール機能で複数人の予定を調整する

はるきちです。

暑いですね~
この時期にこんなに暑いと夏本番はどんなことになってるのか想像したくないですよね。。。

今日は、管理者機能ではなく一般ユーザの機能をご紹介。

みなさん5名以上の予定を調整される際はどのように調整されていますでしょうか。
1.みんなにメールを送付して調整
2.電話をして調整
3.desknet'sの回覧板やアンケート機能を使って調整

いずれにせよ、5名以上のスケジュールを押さえるとなると手間と時間がかかります。

そんな時に活用していただきたい機能が、「空き状況詳細検索」機能


続きを読む "スケジュール機能で複数人の予定を調整する" ≫

06/26

モバイルでつかいたおす

おはようございます!"Ken"です。

今日はどんよりしたお天気ですね。
やっぱり梅雨時だからしかたないですね。

さて、今日は昨日伺ったお客様のお話です。
そのお客様でも当社同様デスクネッツを使っていました。
お話を伺うと、当社以上に活用されているとのことでした。そのお客様は、人材派遣の会社で、社員のほとんどは派遣先に直行/直帰しているため、会社からの連絡にはメールや携帯電話を使っていたそうですが、連絡をする側の負担が大きく、なにか良い方法はないか探していたところ、デスクネッツの紹介を受けたそうです。

派遣先の会社によってパソコンやITの利用規程が様々で、特にメールに関する利用規程は、情報漏洩防止のため厳しいところが多いとのことです。また、接続先ウェブサイトにも制限がある場合が多く、派遣先のパソコンで自社のメールや掲示板を参照することが困難な場合もあるとのことでした。

デスクネッツの場合、パソコンで接続する以外に携帯からの利用にも工夫されているため、この点に着目したそうです。会社からのお知らせはインフォメーションで流し、個人への連絡はウェブメール機能を使うということで派遣先の社員とのコミュニケーションが円滑になったとのことでした。

確かに携帯なら、休憩時間や通勤の途中でチェックすることもできますものね。


06/25

Spam(迷惑)メール対策の決定版!OptPlusASPの設定その4

OptPlusASPの初期設定の続きをお話します。
ユーザ登録が出来たら、バウンシングバック認証システム関連の設定を確認します。
確認するポイントは、
①認証メールの作成
②ペンディングリストの配信設定
③ブラックリスト・ホワイトリストの設定
です。

①認証メールの設定
管理者メニューの環境設定より設します。
認証メール管理とは、バウンシングバック送信元認証時に送信元へ返信するメールを管理者側で管理できる機能です。
現在のバージョンでは、1社1フォーマットの設定が可能です。(将来的に拡張も予定しています。)認証メールは、テキストの打ち込みで簡単に文章の変更が出来る仕組みになっています。
日本版ではテキストをデフォルトにしました。(韓国では、htmlメールが一般的のようですのでhtml形式が標準のようです)これは最近の画像Spamと間違われないようにするためなんですねぇ。形式については、会社のポリシーにより使い分けてくださいませ。ココで注意することは、htmlタグで書かれた文章ラインは消さないことです。
この文章ラインが認証ページに飛ぶ仕組みを表す表現になりますので気をつけて文章を作成してください。もちろんデフォルトで認証メールの雛形は入っていますよ。
gamen.GIF
<認証メール設定画面>

Previewで確認できたら、設定ボタンを押して登録します。
続きは次回。それでは!






06/22

desknet's SSSのご紹介

こんにちは、KAZです。

本日は、desknet's SSSの売上集計機能を
ご紹介いたします。


uriagekannri.jpg

desknet's SSSの売上集計機能へは【 当月売上・粗利推移 】
リンクより入ります。


続きを読む "desknet's SSSのご紹介" ≫

06/21

desknet'sを簡単管理!(運用管理者機能を活用しよう)

はるきちです。

今日は、desknet'sの運用管理者機能をご紹介。

運用管理者とは、システム管理者が出来る設定の一部分だけ設定が可能なユーザになります。

例えば、設備予約の設備を増やすのにその都度システム管理者にお願いするのも大変なので、設備を管理している支社の中のユーザさんが設定できるようにする時に便利です。

運用管理者設定がある機能は下記機能になります。
・タイムカード
・設備予約
・ワークフロー
・回覧板
・議事録
・インフォメーション
・アドレス帳
・電子会議室
・プロジェクト管理
・備品管理
・アンケート
・レポート提出
・利用者名簿

続きを読む "desknet'sを簡単管理!(運用管理者機能を活用しよう)" ≫

06/20

モバイルでつかいたおす(ToDO)

おはようございます!"ken"です。

今日は暑くなるそうですね。首都圏は29度が予想されています。
午後の一番暑い時間帯に外出が入っているので少しゆううつです。

こう暑いと、大事な仕事を忘れてしまいがちですよね。
"ken"はそういうことのない様、ToDoの機能を使ったりしていますが、それでもばたばたして忘れてしまうことがあります。そこで、絶対に忘れてはならないことは、アラーム機能を使って、メールで飛ばす様にしています。
これなら指定した時間にメールで知らせてくれるので安心です。

アラーム機能はToDoだけでなくスケジュールにも使えるので、外出や打ち合わせ等の際に設定しておくと良いですよ。

みなさんも是非おためしください。

でも、ASPでご利用の場合はその機能が実装それていない場合がありますのでご注意ください。

06/19

Spam(迷惑)メール対策の決定版!OptPlusASPの設定その3

今回は新規ユーザの登録方法です。
ポリシーグループが出来たら、利用するユーザを登録します。
ここで注意することは、メールサーバに登録されている電子メールアドレスは全て登録しなくてはならないということ。でないとメールが受信できなくなりますので要注意です。

登録は、ユーザ管理画面から行います。
ユーザ管理画面では、各ユーザのID、ポリシー・グループ、名前、部署、役職・職種、ユーザ・ホワイトリストへの登録数、バウンシング・バック設定状況(使用状況)が表示されます。また、新規ユーザの登録、選択ユーザの削除、ユーザのグループ移動、ユーザの設定変更、ユーザ情報のエクセルファイルへの出力が行えます。ユーザ管理画面.GIF

ここでユーザ登録ボタンをクリックし、

アカウント登録ウィンドウにて、必要事項を入力/選択し、登録をクリックします。
新規の登録はこれを繰り返すだけです。
既にアカウントの一覧がCSVファイルである場合はもっと簡単!
CSVファイルアップロード機能で一気にユーザ登録をしてしまいます。

ユーザの登録時に、個別に前回設定したセキュリティポリシーを適応することで、それぞれのポリシーにあったスパムメール対策を行うことが出来るようになります。

ではここで、その利用する機能の中でも最も強力な対策エンジンである「バウンシングバック」機能について少し説明します。詳しくは、図などを交えながら次回の紹介とさせてください。

「バウンシング・バック認証システム」は、初めて送られてきたメールの送信元に対して、その送信元の実在と正しさの認証を求める仕組みです。この仕組みを用いることで、スパム(迷惑)メールを100%ブロックすることができるようになります。この仕組みは、お客様管理者とお客様自身のいずれかの判断によってご利用いただくことができるようになっています。

また、バウンシング・バック認証システムを有効にしている場合に、万が一スパム(迷惑)メールを受信された場合には、100%スパム(迷惑)メールブロック保障プログラムにより、当該アカウントの月次料金について返金の対象となり、当月の利用料金が無料になります。
(適用にあたってはその他条件がありますので、詳しくはホームページにてご確認ください。)

注意: スパム(迷惑)メールを含めて全てのメールを受け取る必要がある場合には、設定をOFFにしてご利用ください。通常は、バウンシング・バック認証システムをONにしてご利用いただくことを推奨します。

それでは、今日はココまで。

06/18

desknet's SSSのご紹介

こんにちは、KAZです。

本日は、SSSの日報集計機能から顧客情報機能をご紹介いたします。

kokyakujouho.jpg



続きを読む "desknet's SSSのご紹介" ≫

カレンダー

«  2007 6月  »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30