≪ desknet's SSSのご紹介 | メイン | desknet'sを情報セキュリティ運用に活用する!~その3~ ≫

日本の迷惑メール対策が変わる!

皆さん、BIGニュースが飛び込んできました!

本日総務省が主体となって「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会」を再設置し第一回目の会合が行われたとのことです。
迷惑メールの流通を抑制・防止するために必要な方策を検討し、秋頃に中間報告をとりまとめる方針のようです。
総務省によると、迷惑メールに対してはこれまでも「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」や、迷惑メール対策技術による対応に努めてきたにもかかわらず、迷惑メールの送信手法が巧妙化・悪質化するとともに、新たな手法が出現しているため、今回再設置した研究会において、現行の迷惑メール対策全般について検証するとともに、今後の対策の方向性について幅広く検討して法改正も視野に入れるらしい。。。

しかも、、来年の通常国会に特定電子メール送信適正化法(迷惑メール防止法)の改正案を提出する考えだそうです。現行法による広告・宣伝メールの受け取りを拒否した人への送信などを禁止する法律から、改正案では「受け取りを事前に受諾した人だけが送信対象となる」へ改正するとのこと。。なんと!これって我々が提供しているOpt Plus ASP(オプトプラスASP)の仕組みそのものではないですか!

ということで本日その後、すぐにテレビ東京さんから連絡が入って取材したいとの申込がありました。
そして、ワールドビジネスサテライトで放映されたのです!(クリックするとWBSのページに行きます!)

我々が提唱している「ホワイトリスト方式の考え方」が認められ、それが日本の迷惑メール対策の主流になりそうです!
迷惑メールにお困りの方、是非当社へお問い合わせください。
必ず迷惑メールを無くして見せます!




 研究会には携帯電話キャリアや通信事業者団体、ISP、識者らがメンバーとして参加する。

カレンダー

«  2007 7月  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31